忍者ブログ

なじこあの中の人のNajioが書いてます。 ゲーム開発を主に報告します。 駄文も結構あったりしてすいません。

   

とつげきダンジョン!2を公開しました。

リリース直後のバグ修正やバランス調整が、ひと段落したので報告しておきます。

↓とつげきダンジョン!2(グーグルストア)

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.najicore.totsudan2

iOS版やAmazonでの公開も順次行う予定です。

(念のためストーリーは完成版ではないので
一度に最後までやりたい方はアップデートをお待ちください。)

さて、今回のとつげきダンジョン!2について
解説をしてみようかと思います。

とつげきダンジョン!2の概要です。

"3人の少女(?)にゴツい装備させます。ひたすら戦わせます。見守ります。
前作よりカスタマイズできる要素が増えました。
資源をたくさん集めて装備と魔法を作って強化しましょう。
残りは見守るだけで大丈夫です。"

基本は放置するゲームになります。
難しいゲームでは無いので適当に触ってもらえれば慣れると思います。

以降は今回のゲームについての駄文になります。
前作の"とつげきダンジョン!α"をプレイ済の方向けになります。

↓ゲーム画面。


無印のPC版のように、上下2つの画面に分かれております。
解像度が2倍になりまして、表示できる情報も多くなりました。

ちょっとキャラが小さい気もしたのですが、他の有名なゲームでも
これぐらいの構成の物はありますし最近のスマホは解像度高いし
若い人なら目が良いので大丈夫だろうと思いそのまま制作しました。

追加要素です。

・雑魚敵の出現数が変わりました。大きいサイズの敵も出るようになりました。
・前作は右手、左手の2つの装備でしたが、今回は肩装備の追加で武器を一度に3つ持てるように。
・お金要素の追加。
・資源・施設要素の追加。バックグラウンドでも資源は増加するように。
・武器に関して、前作のランダム取得から資源消費の武器製造に変更しています。
・加えて武器強化も資源を消費することで行えます。
・魔法要素を追加しました。
・魔法に敵選択・倍速効果のある魔法をいれました。(要望次第ではパッシブ化するかも……)
・連続攻撃武器の追加、特殊攻撃を敵もおこなってくるように。
・ステージが小分けになり、再出撃が便利になりました(ステージの周回構造等については要望次第で変更するかも)
・BGM・SEのON・OFFができるようになりました。
・チュートリアル・ストーリーが追加されました。(全てスキップできます。読まなくてもゲームはクリア可能です。原文は書いてみたのですが校正で大きく変わったそうです)
・図鑑が追加されました。(要望次第で仕様を変えるかも)


こんなところですね。

とつダンαでは色々やりきれなかった部分を導入できました。肩装備・資源管理・武器強化・魔法はとつげきダンジョン!のアプリを作ろうと企画した時に必ず入れたい要素でしたので、この点は満足してます。プログラマーの友人には感謝してます。
もし畑時代からチェックしていただいている方がいらっしゃいましたら、アプリ版でもようやくシリーズの基本要素を踏襲してる作品だと感じていただけると思います。

現段階では未完成となりまして、全10ステージのうち現在は5ステージが完成しています。

システム・モーション・デバッグ設定完了が3月中旬でして、そこから通しプレイ20時間ほどのバランス調整を5,6回おこなっております。日常生活の中で2週間強で100時間の作業は実はわりと疲れました、ええ、なんとか間にあって良かったです。
ということで今後、ステージ6以降も同じ作業を行います。デバッグ・広報・追加要素も同時並行で行っていこうと思ってます。


今後の予定は、こんな感じ。

・ステージ10まで敵の設定
・セーブスロットの実装。
・システム周りのSEの追加。
・蘇生魔法の追加。
・装備魔法の戦闘画面での表示。
・戦闘画面の切り替わりの演出追加。
・BGMの追加入れ替え(αと極力違う楽曲をいれたい)
・図鑑の完成。(というより校正)
・ストーリーの完成(校正中なのですが現在のものも少し変更されるそうです。一部キャラの性格が変わるかも?)
・ストーリー周りのキャラの絵とかシステムとか背景とか(後回しにしたい……)
・レア武器設定(かなり実装が遅れてる部分ですが、どちらかといえばコレクション要素です。)
・UIの強化・要望の反映など


先は長いかな?半年ぐらいは付き合っていくことになるかもしれません。
少なくともゲーム部分の完結だけは早めに出したいと思ってます。
完成品は?4月末?5月かな?
反響次第で、追加ステージも……?
要望等あれば順次採用したいのでよろしくお願いします。


とつダンシリーズとしては、やりたいことの50%ぐらいできたでしょうか。
結構いい数字だと思います。
戦闘周りは後一歩で全てのアイデアが出尽くしちゃいそうですね。


それでは今後とも、とつげきダンジョン!2をよろしくお願いします。

PR
とつげきダンジョン!2(たぶん正式名称になります。)が、ぼちぼちリリースとなります。

このブログを見に来た奇特な方にお伝えしておきますと。

現状では、わりと未完成品です。ごめんなさい。

ステージ完成数が半分。
チュートリアルも変更するかもしれません。
UIは要望次第で、もうちょっと変わるかも。
図鑑・ストーリー周りがわりと未完成。

ゲームとしての素材や原文は、殆ど完成しているので
完成版まで、さほど長期間空くことは無いと思います。
もし、リリース後に未完成品じゃん!と思った方や完成版が出るなら
そちらを待つという方には予め報告しておきます。

完結部分までの完成は、あと2週間程度要すると思われます。

私個人としては、この状態で出すのは、あまり乗り気ではないのですが
リリースを決めた以上は、私の視点としては前回と比較して
どういったDL状況・意見がいただけるのかを研究しようと思っております。
日に日にブログ更新滞ってますね。すいません。
何かと忙しいようで、実は何もしていないだけだったりします。すいません。

次回作のとつダンの制作状況ですが

プログラム
基本的な要素は、ほぼ完成したようです。
テストしながら演出とかバグ潰しや仕様の検討段階。

描写とかゲームバランスなど
私の担当ですが、モンスターを何体か断念して戦闘関係の描写部分は殆ど設定できました。
ただ背景やらUI関係は全然なので、まだまだやることは山積みです。

テキスト
原案→校正1→校正2の段階、これが終わるとシステムの方にいれる感じです。
原案以外は全て校正担当に任せていますが、戦闘システム完成よりは早くストーリーテキストは完成しそうな感じ。

3月中に完成させたいなぁと思っていますが、
リリースできるどうかは怪しいところです。

ゲームフェスには、たぶん間に合うかな?
そんな進捗報告でした。
制作者に無断でAndoroidアプリ配信を行われた際の対処の経緯をまとめました。
2015年1月時点での報告となります。(作業についてはShigusaが担当しました)

2015/1/7時点でAmazon.co.jp-Andoroidアプリストアに、とつげきダンジョン!αが無断で
配信されていました。
現在のとつげきダンジョン!α、Andoroid版はGoogleplayのみで配信を行っており
無償で行っているのですが、無断で有償にて配信されています。

↓無断で配信されていた画面


そこで問題となるページと元の配信場所であるGooglePlayページを
Amazonにメールで伝え削除依頼を行いました。

結果としては当時者の間で解決して欲しいとの返答でした。

通常の削除依頼では、このような回答が返ってくるようです。
Amazon側から誰がオリジナルの権利者であるのか判断がつかないので
主張が間違ってるとは思わないのですが
出品者とメール等でやりとりするだけというのは、かなり困難が予想されます。
(出品者はおそらく英語圏であり、同出品者の他のアプリも無断で有償で販売しているものと思われ、確信犯である可能性が高い)

できれば管理者であるAmazonに削除してもらいたいところです。
そこでもう一度、Amazonのアプリ配信についての規約を確認します。


Q:アプリはコンテンツポリシーを遵守しなくてはいけませんか?

はい。各アプリは次のContent Guidelines に従わなくてはなりません。

コンテンツガイドライン

  • 知的財産権侵害: Amazonで販売するにあたり必要な権利を有していない、あるいはAmazonの著作権ポリシー(下記参照)に違反しているアプリは許可されません。
  • 著作権ポリシー: AmazonのMobile App Distribution Program Agreement は、あらゆるアプリに含まれているコードおよびコンテンツ(広告を含みます)について、開発者が所有権またはライセンスを有していることを要求しています。Distribution Agreement に掲載されている権利を有しないアプリはアップロードしないでください。開発者は、Amazonで販売するアプリについて必要な権利を有していることを確認する義務があります。アプリについてすべての権利を有しているか確信が持てない時は、弁護士に相談してください。

Amazon-開発者コンソール-FAQs
https://developer.amazon.com/help/faq/ja_JP.html

このページからの引用一部抜粋してあります。

色々書いてあったりしますが、
権利侵害しているものを配信してはいけませんってことらしいです。

原文には出品者に権利を守ることの義務付けと
違反者はAmazonが登録を拒否することができると書いてあったので、
Najicoreの立場としては出品者は明らかに違反者であり、Amazonは規約通り配信を停止するべきだと主張できると思います。

まぁこんな感じの文章を再度メールで送ります。

再度Amazonからの返信では

知的財産権侵害についての申し立てとその手続き
について
ガイドラインにそって、書面で送ってほしいということでした。

人によっては最初からそれを送ってこいだとか
いまどき紙媒体は面倒だとか個人情報が心配だから嫌だと思う人もいるのかもしれないなぁと感じました。
Amazonの事情だったり紙媒体に勝る物証を人類が作りだせていない以上、しょうがない気もします。
こちらに非があるわけでも無いので、さっさと書面を作成して送ります。念のため書留で。

ちなみにこんな項目がありましたので
・侵害されたとする理由、およびその根拠(証明資料を添えてください)

こんな感じの画像を添付して送ってみました。
グーグルディベロッパーコンソールなので、制作者しか見れない画面になります。


2014/8/10に初めて公開しているのに対して
無断での配信者は2015/1/07に公開しているので明らかな権利侵害をしている的なことを指摘しました。

結果としては2015/1/15にAmazon宛に送付しまして1/22の時点で削除が確認できました。
また1/22付けの書面がこちらに届きました。
Amazon側での検討と事情によって販売中止と出品者に対する警告をおこなったということです。

他のサイトなんかも参考にしていたのですが
基本的にはAmazonからの販売の差し止め申し立ては書類が必要になるみたいです。
もし自分のアプリがAmazonストアで盗用・権利侵害があった場合は参考にしてください。

面倒にはなりますが法律やら裁判を考えると簡単にはできない事情もあるのだとは思います。
だからと言って当人の申し立てが無ければ簡単に盗用されたままというのも変な話だとは思いますが……

現在の法治国家では裁判費用や労力が見合わないため、モラルの無い人間の方が有利に働くのだと改めて感じます。法律・裁判制度の利便性の向上と利用教育の充実が必要なのかも?
政治・行政・医療・農業並に既得権が強くて改革が難しい分野でしょうけどね。

対策としてAmazonのストアにも同時にAndoroidアプリを公開しておけば良かったのかなと思いました。

アンドロイド版、とつダンαのDL数が5万DLを超えました。
iOS版が1/10ぐらいなので、かなりグーグルさんの力を借りてるみたいです。
素直に喜べれば良かったのですが、微妙な気持ちなんですよね。

どうもAmazonのアプリストアに、
とつダンαがそのまま売られているみたいです。(2015/1/15においてです)
そのディベロッパーは、他にも無料アプリを有料で販売しているようです。

個人的には、このおかげで若干DL数伸びてるし
昔はフリゲーの詰め合わせを付録として売ってたし
そもそもこんなクソゲー別に次作ればいいし
アマゾンは当事者同士で話し合って提案されたけど
相手は外国っぽいから面倒だし

……と思ったりもしたのですが

そんなわけにはいきませんよね。
許可なく偽って他人の創作物を扱ってるわけですから
こういった行為を野放しにしておくと、クリエイターの権利が保障されません。
クリエイターや技術者をおろそかにして、目先の利益が優先されるまま放置すると
やがては現代の社会や経済や企業や政治みたいに
歪んだ構造のまま衰退していきますからね。

またAmazonさんとのやり取りは結果がわかりましたら
報告したいと思います。


   
Copyright ©  -- なじこあ(Najicore) --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]