忍者ブログ

なじこあの中の人のNajioが書いてます。 ゲーム開発を主に報告します。 駄文も結構あったりしてすいません。

   
ビットサミットに行ってきたので、個人的な感想
色々ご無沙汰しております。
京都みやこめっせで行われていたインディーズゲームが集まるビットサミットに行ってきました。
http://bitsummit.org/2017/

ビットサミットのイベント内容や個々のゲームについてはよそ様にお任せして
自分のゲーム製作の参考のために見学したので、個人的な分析や感想です。

・ドット絵ゲームが多い
まず、ドット絵に目が移ったので、やっぱりドット絵ゲームいいですよね。
ドット絵ゲームがとても多くて嬉しかったです。

・世界観が独特なのが多い
背景や世界観に拘りを感じるゲームが多かったです。
こんな世界を探索させたいんだなぁと、背景や世界観の演出は
とつげきダンジョンには足りていない要素なので参考にしたいです。

・テンポと画面遷移に気を使っている
やっぱりゲームが好きな人間に遊んでもらう、好きな人間が作っているということで
爽快感やスピード感、演出を凝縮させていたり、無駄な情報を画面に移さないあたりは
個人が拘りをもって作っているんだなと実感させられます。
常に画面が動いているゲームっぽさは、わりと大事だと再認識しました。

・アクションゲームを起点としたゲームが多い。
見た目の関係でしょうか、基本的にアクションゲームを起点として、シューティング、パズル、RPG、体感型のゲームが圧倒的に多めでした。
スマホゲームのRPGメインや同人界隈のテキストメインと比べるとゲームセンターに近い印象でした。
製作者の嗜好なのでしょうか、イベント向きだからでしょうか

・キーボード、マウス操作のゲームは、ほぼ無い
ゲームパッドかタッチパネルか体感型のゲームが殆どの印象です。
アクションゲームが多いのと、国内勢はスマホ型のゲームを意識している
大手ハードがインディーズゲーム開発に力を入れ始めているあたりが原因でしょうか
PCゲームを作ってる勢としてはちょっと敷居が高い感じ。
大画面でも7インチぐらいのタブレットでも、どちらでも遊べるようなタイプが多い印象です。

3年前に見たビットサミットに比べて
出展しているインディーズゲームは実績や実力があるところが多い感じでした。
ちらほら名刺交換している方もいらっしゃったので
そんな目的も一部にはあるのでしょうね。
 少しジャンルが偏っていたのは、ゆっくり進めるタイプは
遊んでもらうイベントだと不利なのでしょうか。


どのゲームもクオリティが高いので、ちょっと気後れしちゃいました。
まぁ、Najicoreのゲームの方が優れてる点もあるにはあるので
埋もれないように頑張りたいですね。

ここ数か月殆ど活動できていなかったので、色々と刺激になりました。
あとPR活動は常にしないといけないなぁと猛省です。
PR
   
Comments
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
Copyright ©  -- なじこあ(Najicore) --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]