忍者ブログ

なじこあの中の人のNajioが書いてます。 ゲーム開発を主に報告します。 駄文も結構あったりしてすいません。

   
色々ご無沙汰しております。
京都みやこめっせで行われていたインディーズゲームが集まるビットサミットに行ってきました。
http://bitsummit.org/2017/

ビットサミットのイベント内容や個々のゲームについてはよそ様にお任せして
自分のゲーム製作の参考のために見学したので、個人的な分析や感想です。

・ドット絵ゲームが多い
まず、ドット絵に目が移ったので、やっぱりドット絵ゲームいいですよね。
ドット絵ゲームがとても多くて嬉しかったです。

・世界観が独特なのが多い
背景や世界観に拘りを感じるゲームが多かったです。
こんな世界を探索させたいんだなぁと、背景や世界観の演出は
とつげきダンジョンには足りていない要素なので参考にしたいです。

・テンポと画面遷移に気を使っている
やっぱりゲームが好きな人間に遊んでもらう、好きな人間が作っているということで
爽快感やスピード感、演出を凝縮させていたり、無駄な情報を画面に移さないあたりは
個人が拘りをもって作っているんだなと実感させられます。
常に画面が動いているゲームっぽさは、わりと大事だと再認識しました。

・アクションゲームを起点としたゲームが多い。
見た目の関係でしょうか、基本的にアクションゲームを起点として、シューティング、パズル、RPG、体感型のゲームが圧倒的に多めでした。
スマホゲームのRPGメインや同人界隈のテキストメインと比べるとゲームセンターに近い印象でした。
製作者の嗜好なのでしょうか、イベント向きだからでしょうか

・キーボード、マウス操作のゲームは、ほぼ無い
ゲームパッドかタッチパネルか体感型のゲームが殆どの印象です。
アクションゲームが多いのと、国内勢はスマホ型のゲームを意識している
大手ハードがインディーズゲーム開発に力を入れ始めているあたりが原因でしょうか
PCゲームを作ってる勢としてはちょっと敷居が高い感じ。
大画面でも7インチぐらいのタブレットでも、どちらでも遊べるようなタイプが多い印象です。

3年前に見たビットサミットに比べて
出展しているインディーズゲームは実績や実力があるところが多い感じでした。
ちらほら名刺交換している方もいらっしゃったので
そんな目的も一部にはあるのでしょうね。
 少しジャンルが偏っていたのは、ゆっくり進めるタイプは
遊んでもらうイベントだと不利なのでしょうか。


どのゲームもクオリティが高いので、ちょっと気後れしちゃいました。
まぁ、Najicoreのゲームの方が優れてる点もあるにはあるので
埋もれないように頑張りたいですね。

ここ数か月殆ど活動できていなかったので、色々と刺激になりました。
あとPR活動は常にしないといけないなぁと猛省です。
PR
Rush Dungeons!βの公開分の更新が終了したので報告します。(ver1.23)

(ダウンロード先[ふりーむ])

致命的なバグ等が無ければ、公開分については更新を止めて
別作業にとりかかろうと思います。
ダウンロード数は9月末時点で7000~8000DL数ほどになりました。
たくさんの方に遊んでいただきありがとうございました。

今から取りかかる予定や連絡について下記にまとめましたので
興味があればご確認ください。



次回作について現状で考えている点について

概要
・WOLF RPG エディターを使う
・Rush Dungeons!βの基礎を引き継ぐ
・描写処理の安定化
・戦闘計算式・成長バランスの見直し
・ソート機能等の要望のあった機能の追加・UIの再設計
○キャラクター数の追加
○イベント機能の追加
・武器種類の追加
・武器タイプの追加
・ステージ・敵数・背景の追加
・異常属性、バフ、デバフ数の強化
○部隊メンバーの入れ替え機能
○資金管理は別途設計

主な変更点はこのような感じになります。
WOLF RPG エディターの更新もあるかもしれないので
次回作については純粋にβの強化版としてのイメージが強いです。
戦闘関連については今回で導入できるものはできる限り導入する予定です。

また大きく動きがあれば報告します。



Entyを始めてみました

Rush Dungeons!βの更新は終了したのですが
EntyにNAJICOREのページを作りまして
そちらでRush Dungeons!βのアドバンス版を作ります。

→[NAJICORE Entyのページ]

Entyはクリエイター支援サイトだそうです。

こちらのEnty内で制作ブログも開始しております。
Entyブログは、近況の制作過程を随時報告するものとなります。
(引き続き大きな活動報告、テスト版公開等はこちらのNAJICOREサイトで報告します)

支援いただいている方限定にアドバンス版を公開予定です。
Rush Dungeons!βアドバンス版は現在公開分に加えて
簡易ストーリー、オマケ装備、オマケステージをつけたものを予定します。
(次回作に向けての試験的な要素を実装予定です。)

※支援していただける方が対象になりますので、
とつげきダンジョンにご興味、開発の支援をしたいという方は
覗いていただけると幸いです。


今後、大きな動きがありましたら
こちらのブログを主に報告したいと思います。

はい、ウディコンの結果でました。
総合10位、画像/音声部門1位ありがとうございました!
イラストを一切使っていないドット絵のみのゲームで(本当にEDGEのみ)
この部門で1位をいただけるとは思いませんでした。

概ねゲーム内容については予想通りの結果と反応をいただけたと思います。
今回のウディコンは方向性が部分的に似た力作が多かった感じですね。

結果順位的なものについては、応援してくださってる方には
今回のゲームタイトルで察していただけてるかなといった感じです。

ウディコンは感想をたくさん貰えるのが良いですね
放置ゲームを触れない層の感想が多い感じがして新鮮でした。
あまり反応はしていませんが、ブログやツイッターなんかのコメントは拾ってますので
だいたい皆さんが思ってることと今後、進展させたい方向性は同じようです。

Rush Dungeons!βについては、ヘルプ機能を気持ち程度追加してます。
テキストを出してなかったのでプレイヤーに読まれる前提の文章を書くのは難しいですね
今後何回も書きなおしをすることになるでしょうね



次回作については、わりとすぐにβを改造して使うかもしれません。
色々整理してからなので、もう少し検討してみたいと思います。
Rush Dungeons!β が完成しましたので報告です。
※ver1.05にアップデートしました、ver.1.00と互換性が無いので注意をお願いします。

今回は製作ツールの WOLF RPG エディターのコンテスト、ウディコンにエントリーしてみました。
↓【ウディコン】エントリー17番目です。

http://www.silversecond.com/WolfRPGEditor/Contest/entry.shtml#17

ダウンロードページは、このサイトのゲーム欄にあります

↓【Najicore】ダウンロードのページ
http://najicore.com/totsudanb.html

エントリーに間に合わせるために色々雑な部分もあったりするのですが
ご報告のあった大まかなバグは取り除けてると思います。
エンドロール周りは若干怪しいですが……

当初予定の6割程度の内容になりました。その分を最後の方で詰め込んでます。
追加補助としてヘルプ・ソート・取得履歴あたりを検討してますが
どこまで出来るかは反響次第になりそうです。

今作はコンセプトゲームとして位置づけているので、今作を元に拡張させていく予定ですが
どの方面を強化していくかも反響次第で検討してみようと思っています。

またご意見よろしくお願いします。

【7/30】ver1.05にアップデートしました。
アイコン情報の追加等
すいません、妥協しました
ご無沙汰です。
最近あまり進捗状況が良くなかったのですが、ちょっと落ち着いてきたので
再度試行版ver.0.7です。

DL↓(削除しました)
Rush Dugeons! β


今回のタイトルは、一応こんなのです。
バグは満載のまま放置してるので相変わらず雰囲気だけになります。
ステージは8まで敵の強さは弱めに設定してあります。

BGMのみ暗号化しているのでウディタツールをいれることで
内部情報を編集できると思います。
この分に関して特にサポートはしてませんので参考程度でお願いします。

最近は余裕が無いので全ての意見に反応は出来ないかもしれませんが
目を通してはいますので、よろしくお願いします。

※このバージョンの公開は停止しました
   
Copyright ©  -- なじこあ(Najicore) --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]