忍者ブログ

なじこあの中の人のNajioが書いてます。 ゲーム開発を主に報告します。 駄文も結構あったりしてすいません。

   
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

とつげき!ダンジョンのジャンルは結局?

装備欄の作成で疲れてきたので休憩ついでに何か書こうかと

とつげき!ダンジョンが、どのゲームジャンルに含まれるのか?
いまだに私自身もこのゲームのジャンルを表現するの苦労してます。

とつげき!ダンジョンのレビューを、いくつか拾いながら考えてみたのですが
このゲームシステムにした経緯を追いながら、定義付けに挑戦してみましょうか

私の現在の好きなゲームのジャンルがRTSとタワーディフェンス系が多かったりします。
箱庭や自動戦闘型RPGなんかもやります。
基本的にはリアルタイム系のゲームが多い感じで、もっぱらPCゲームやブラウザゲームが多めですね。
日本のコンシューマーゲームもやるにはやりますが、
本当にハマる場合は海外産のゲームが多いようです。
ただ、日本人好みにすれば、もっと楽しめるのに、というジャンルばかりですので
自分流のRTSを作りたいなんて昔から思っていました。
まぁ、そんな技術力があるわけもないので断念してますが

とつげき!ダンジョンの感想にも、よくいただいてたのですが
全自動RPGの「まほでんわーるど」というゲームですね
このゲームは確かに元ネタになっています。
私自身がプレイした時に、こんな感じの自動戦闘ゲームならできるのでは?
と思いついたのが、たぶん出発点かと思います。

基本的には技術もモチベーションも低いので、好きなゲームの好きな部分と不満点をまとめながら
好き勝手に配置して、後で修正するという形で作っていったシステムですね。

「まほでんわーるど」から本当に色々参考にさせていただいたのですが、加えて思ったのが
・見ていてテンポの良い戦闘が欲しい。
・負けそうになったら撤退するのは面倒くさい。
・装備を冒険中にもリアルタイムで変更したい。
・放置中でも何かしたい。

これを元に基本的な戦闘システムが作られたのだと思います。
他にツクールで、ずっと描いていたドット絵がサイドビュー形式だったのと
そのときなんとなくやっていたRUNゲームっぽい
自動戦闘ゲームのテンポも参考にした感じで今の描写形式に落ち着きました。

このシステムを作ってる当時、パズドラが流行りはじめていたので
別に2画面はタブーではないのだなぁという思いで、2画面を取り入れて
もう1画面に何か遊べる要素は無いか考えてみました。

そして元々、海外製のRTSと箱庭ゲームの不満点であった
内政と戦闘を同時に楽しめない、もしくは忙しすぎて楽しむ余裕がない点から
戦闘を全自動にすることで、内政をやりながら戦闘画面も眺められるだろうということで
箱庭ゲーム要素を取り入れてみました。
すいません、結果的にそうなっただけで、
たぶんモンハンの農場要素みたいなのを入れようとしてたのだと思います。

元々、全自動RPGと箱庭ゲームは放置プレイと相性が良いので
上手く組み合わさったように思います。なので放置ゲームありきというより
放置ゲーム的なプレイが可能な全自動RPG的なものかもしれません。

クッキーは、すいません
人間の関心や拡大欲求を上手くついてるゲームだなぁと感心したあまり
ノリでとりいれてみました。クッキー色は今後は薄めていくかもしれません。

結局のところ、
・放置ゲームとしても成立する全自動戦闘に
手持ち無沙汰にならない、ゲームに幅を持たせるための箱庭要素がついたゲーム

もしくは

・RTSの戦闘部分を自動化し、同時に内政活動もおこなえながらも
相互効果を維持し破綻していないゲーム

ほかには

・RPGの戦闘を全てオートにして、装備編成部分に操作を特化させ、
おまけ要素の施設開発に重点をおいたゲーム

なんて表現あたりでしょうか、長い上にまとまっていませんね。
誰か的確なジャンル表現があったら教えてください。

PR
   
Comments
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
Copyright ©  -- なじこあ(Najicore) --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]